「ほっ」と。キャンペーン
エキサイト翻訳トップサイトマップ

カテゴリ:翻訳Tips( 7 )

Android Wearでの使い方 - Androidアプリ「エキサイト翻訳」

このたび Androidアプリ「エキサイト翻訳」は、Ver3.0.0をもって Android Wear でもご利用いただけるようになりました。

ご利用方法をご紹介いたします。


【前提】
・Android OS のスマートフォン端末に Android Wear アプリ をインストールしておきます。

・Android Wear の「設定」から、時計とスマートフォンをペアリング設定しておきます。


【使い方】

①アプリ「エキサイト翻訳」を選択します。
c0208188_11543416.png

②下記画面が表示されたら、左にスワイプします。
c0208188_12251024.png


③翻訳画面になります。青いアイコンをタップします。
c0208188_15213334.png

④時計に向かって、翻訳したい内容の文章を話しかけます。
c0208188_15220277.png

⑤「翻訳が完了しました」という表示が出たら、画面を上にスワイプします。すると……

c0208188_12305702.png

翻訳結果が時計に表示されます!

一度翻訳した結果を、これから先も活用するかもしれない……そんなときは?

⑥翻訳結果を左にスワイプします。
c0208188_15262998.png
「クリップ保存」のボタンをタップしましょう。
その後、Android のスマートフォンアプリ側から確認するときには、メニューから「クリップ一覧」を選択してみてください。
今「クリップ保存」した原文、訳文が保存されています。

c0208188_15390239.png


より幅広いシーンで、より使いやすくなった「エキサイト翻訳」をどうぞご活用くださいませ。






[PR]
by ex_honyaku | 2015-09-01 16:56 | 翻訳Tips

【翻訳のコツ】 5.よりよい訳にする一工夫

うまく翻訳できない…そんなときは? きれいに翻訳するコツのご紹介第5段。

今回は、翻訳が思うようにいかなくなる原因となる「よくある間違い」をまとめてご紹介します。

5.よりよい訳のために一工夫加えましょう

ある程度、文意に沿った訳ができたら、よりきれいな訳文になるように、次の事柄を確認して編集を加えるとよいでしょう。英語の場合をご紹介します。

●単数系・複数系は合っていますか?
・私たちの校長先生は生徒に優しい。
⇒Our principal is gentle with a student.
⇒Our principal is gentle with students.

●冠詞・代名詞は合っていますか?
・私は、母とその姉に会いに行く。
⇒I go to meet my mother and the elder sister.
⇒I go to meet my mother and her elder sister.

・手紙に返信してください。
⇒Please answer a letter.
⇒Please answer the letter.


その他、日本語は、現在のことも過去で表現する場合があります(「これから~したほうがよい」など)。時制についても手を加えることが、さらにきれいな訳文が仕上がるポイントです。
[PR]
by ex_honyaku | 2013-11-27 16:46 | 翻訳Tips

【翻訳のコツ】 4:英訳しやすい表現に調整

うまく翻訳できない…そんなときは? きれいに翻訳するコツのご紹介第4段。

4:英訳しやすい表現に調整しましょう

日本語独特の表現には、英語にうまく訳せない場合があります。

【例1】
×NG例:僕的にはそのパーティは中止みたいな感じがする。
⇒翻訳:The feeling which looks like cancellation makes it I-like today.
⇒再翻訳:取消しがそれを今日私似にするように見える感覚。

○OK例:僕としては、そのパーティは中止だと思う。
⇒翻訳:I think the party is cancellation.
⇒再翻訳:私は、パーティーが取消しであると思う。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ポイント】原文に「~的」や「~化」などの言い回しや造語がある場合は、
易しい言葉に変えてみましょう。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【例2】
×NG例:私はパンにします
⇒翻訳:I use bread.
⇒再翻訳:私はパンを使用します。

○OK例:私はパンが欲しいです。
⇒翻訳:I want bread.
⇒再翻訳:私はパンを望みます。

【例3】
×NG例:私は毎日、散歩する。
⇒翻訳:I perform a walk every day.
⇒再翻訳:私は毎日歩行を行ないます。

○OK例:私は毎日、散歩する
⇒翻訳:I take a walk every day.
⇒再翻訳:私は毎日散歩します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ポイント】「●●をする」「○○を行う」「××になる」などの動詞はなるべく使わず、
「~~る」と限定的な動詞を使いましょう。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

本日の「翻訳のコツ」はここまで。第5段もお楽しみに!
[PR]
by ex_honyaku | 2013-10-02 16:01 | 翻訳Tips

【翻訳のコツ】3:よくある間違いを修正

うまく翻訳できない…そんなときは? きれいに翻訳するコツのご紹介第3段。

3.よくある間違いを修正しましょう。


今回は、よくある「気づきにくい原文の誤り」をご紹介します。
普段の日常会話では気づかないものの、全く訳が変わってしまう場合があります。

●大文字と小文字の間違い
×NG例:I live in japan.
⇒翻訳:私はうるしに住んでいる。
○OK例:I live in Japan.
⇒翻訳:私は日本に住んでいる。

●同音異義語
・ここではきものを身につけてください。:Here, please put on a kimono.
・ここで履き物を身につけてください。:Please put on footwear here.

●長音とダッシュの間違い
×NG例:
・コ―ヒ―メ―カ―⇒KO-HI-ME-mosquito-
○OK例:
・コーヒーメーカー⇒Coffee maker

●文頭が小文字
・someone called Joe :ジョーと呼ばれる誰か
・Someone called Joe. :誰かがジョーを呼んだ。

●文末が記号抜け
・What is your name :あなたの名前であるもの
・What is your name? :あなたの名前は何であるか?

●文の途中で改行
×NG例:
わたしと

なかよくしてくれて

本当に・・・

ありがとう。

With me
It receives inside.
Are true...
Thank you.

○OK例:
わたしと仲良くしてくれて、本当にありがとう。
⇒Thank you very much for making friends with me.

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ポイント】文頭・文末の表記、単語の入力間違いに気をつけましょう。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

いかがでしたか?
「1つの単語で別の意味を持つ場合」などもありますので、
訳が文意にあわないと感じたら、適宜原文の単語を他の単語におきかえてみてください。

本日の「翻訳のコツ」はここまで。第4段もお楽しみに!
[PR]
by ex_honyaku | 2013-10-02 16:00 | 翻訳Tips

【翻訳のコツ】2.長い一文は短く分解

うまく翻訳できない…そんなときは? きれいに翻訳するコツのご紹介第2段。

2.長い一文は短く分解しましょう。


長い一文は、接続詞ごとに文を分ける、または名詞節を“it”に置き換えて後から組み合わせるなど工夫し、「『主語』『述語』がはっきりした短い文や節」に分解して訳してみましょう。

【例1】たとえば次の例文。

×NG例:
にんじんを買うのを忘れたが母が買ってきてくれたのでカレーを作ることができた。
⇒翻訳:
Although he has forgotten to buy a carrot, since the mother bought it, curry was able to be made.

⇒再翻訳:
母親がそれを買って以来、彼はニンジンを買うことを忘れましたが、カレーが作られることができました。

では、
【にんじんを買うのを忘れたが / 母が買ってきてくれたので / カレーを作ることができた】
↑ この3つの節ごとに文を分け、それぞれ主語・助詞を補って、合体させてみましょう。

○OK例:
1:私はにんじんを買うのを忘れた。 : I have forgotten to buy a carrot.
2:私の母がそれを買った。: My mother has bought it.
3:私はカレーを作ることができた:I was able to make curry.
⇒合体:
I have forgotten to buy a carrot, but my mother bought it, so I was able to make curry.

⇒翻訳:
私は、ニンジンを買うことを忘れました。しかし、母親はそれを買いました。したがって、私はカレーを作ることができました。

思い通りの文意に仕上がりました。いかがでしたか?

文を区切るとうまく訳できるのは、翻訳エンジンが「主語+述語」に沿って構文を読み取りやすくなるからです。

そのため、「~のような」「~みたいな」など婉曲の言い回しや、
「~してしまう」「~してくれる」「~というかたちで」「~としましては」など、
文意に不必要な部分を削ぎ落とすことでも翻訳の質がアップします。

本日の「翻訳Tips」はここまで。第3段もお楽しみに!
[PR]
by ex_honyaku | 2013-10-02 15:57 | 翻訳Tips

スマートフォンでアクセスしたときの分野指定方法

このページでは、スマートフォンからブラウザで「エキサイト翻訳」にアクセスしたときにより高精度な翻訳結果を出す方法をご説明いたします。
"We'll check the threadworms which stuck around your anal according to a NIH anal scraping and swab."
この原文をエキサイト翻訳にかけたところ、
「私達は、NIH肛門こすりとモップに従ってあなたの肛門のまわりで付いたギョウチュウをチェックする。
と、文脈がまったくわからない日本語訳が出てしまいます。
これは"anal" "scraping" "and" "swab" などの単語を全て、単語同士で辞書の意味をあてはめてしまうためです。

今回はそんなときに使える、「分野を選択」することで高精度な翻訳結果を出す方法をご説明いたします。



①原文ボックスに翻訳したい文章を入力します。
c0208188_15441514.png

②翻訳ボックス下、「大分類」をタップします。
c0208188_15460479.png
※上のキャプチャーはiOS8 / Safari での表示です。

ここでは「理学系」を選択しました。


③大分類を選択するピッカー(AndroidOSではダイアログ)が表示されますので、翻訳する内容に適したものを選択します。
 すると、選択した分類に合った小分類の選択肢を出すことができます。
c0208188_15482971.png
ここでは「医学」を選択しました。


④では、翻訳ボタンを押してみましょう。すると…
c0208188_15503007.jpg

医学分野に適した形で、専門用語が翻訳されました!

エキサイト翻訳には8つの大分類、106個の小分類におよぶ、合計140万語以上の専門用語が入っています。
ぜひこの機能をご活用いただき、よりよい翻訳結果を探してみてくださいね。


エキサイト翻訳
http://www.excite.co.jp/world/









[PR]
by ex_honyaku | 2012-04-22 15:42 | 翻訳Tips

【翻訳のコツ】1.原文の「主語・述語」「助詞」を確認

うまく翻訳できない…そんなときは? きれいに翻訳するコツ、第1段をお送りします。

1.翻訳する原文に、「主語・述語」「助詞」があるか確認しましょう。


原文には、「主語(+目的語、補語など)+述語」がそろっていますか?
英語と違って日本語は、「私は〜…」「あなたが〜…」などの「主語」を省略しがち。
抜けている場合は、文意に合うように単語を補って翻訳しましょう。
また、助詞「が」「は」「の」「を」などを加えるだけでも、訳がきれいに変わることがあります。

【例1】たとえば、今日あなたが学校に行ったことを、外国の友だちに報告するとします。

×NG例:学校行った。
⇒翻訳:School 行った.

×NG例:学校に行った。
⇒翻訳:He went to school.

○OK例:私は学校行った。
⇒翻訳:I went to school.

意図した意味どおりの英語に仕上がりました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ポイント】「●▲×は」または「●▲×が」と、主語を補いましょう
【ポイント】「・・・に」「・・・と」など、助詞を補いましょう
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【例2】続いて、海外からのメールで、友だちの出欠を尋ねられたとします。

×NG例:彼は行けないかも。
⇒翻訳:He is going. .

○OK例:彼は行けないかもしれない。
⇒翻訳:He may be unable to go.

言い切りの形に変えるだけで、訳が正しく変わりましたね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ポイント】口語体、省略形を修正してみましょう。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

本日の「翻訳のコツ」はここまで。第2段もお楽しみに!
[PR]
by ex_honyaku | 2003-10-02 15:54 | 翻訳Tips


エキサイト翻訳のアップデート情報などをお知らせします


by world

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
リリース
翻訳Tips
メンテナンス
ニュース
お詫び
リニューアル
未分類

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧